大坂なおみ選手が快挙!日本人初の大会制覇!経歴、性格などまとめ

osaka-naomi-kasatkina

女子テニス、日本の大坂なおみ選手がBNPパリバオープン2018で優勝の快挙!!

 

日本選手初の優勝

osaka-naomi-kasatkina

アメリカ合衆国・カリフォルニア州インディアンウェルズで現在開催されたBNPパリバ・オープンは、ウィンブルドンや全米オープンなどの四大大会の次に大きな大会で、日本選手が優勝するのは初めてです。

大会前の世界ランキングは44位ながら、準決勝では世界ランキング1位のシモナ・ハレプ選手(ルーマニア、26)にストレート勝ちの大金星。決勝では19位のダリア・カサキナ選手(ロシア、20)にセットカウント2対0のストレート勝ち。大会初制覇を果たします。

 

優勝賞金

気になるのは、優勝選手に贈られる優勝賞金ですが・・・・

なんと、

134万860ドル(約1億4750万円)

若干、20歳にして大坂選手は億越えの賞金を手にしました。

本当にすごいです。

 

大坂なおみ選手の経歴

osaka-naomi-kasatkina

大坂なおみ選手は1997年10月16日生まれ、 大阪府大阪市出身の20歳です。

身長180cm、体重69kg、右利きで日清食品に所属しています。

大坂選手はハイチ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフで、3歳の時にアメリカへ移住しました。そのため、日本語は片言しか話せないそうです。
バスケットボールやアメリカンフットボールの経験があるバリバリのスポーツマンである父親にコーチになってもらい、テニスの指導を受けながら2013年にプロ転向を決意。翌年には、WTAツアーバンク・オブ・ウェスト・クラシックに出場し、予選を突破します。

その後も順調に経験を積んで世界ランキング44位で迎えた今大会で見事日本人初制覇!

準決勝で世界ランキング1位のシモナ・ハレプ選手を破っての優勝であることからも彼女の実力は本物であることがわかります。

 

大坂選手愛用ラケット

大坂選手が愛用しているラケットはヨネックス社製の「EZONE(イーゾーン)98」(税別小売価格3万3000円)です。

osaka-naomi-kasatkina

この「EZONE(イーゾーン)98」の新デザインである「ブライトブルー」は2018年1月中旬に発売されたばかりで、特徴はラケットの面の最打球点(一番力強いショットが打てるところ)が今までのモデルよりも広く、高弾性カーボンの反発力で力強いショットが打ちやすくなっています。

 

大坂選手のご両親について

大坂選手の父親であるハイチ人のレオナルド・フランソワさんはもともと日本で英会話の講師をしながら生活していました。
大坂選手の母親である一般人女性の環さんは北海道根室市出身で大阪で仕事をしながら生活している中でフランソワさんと出会いそのままゴールイン。
大阪で大坂選手が誕生し、3歳のときにアメリカへ移住という流れです。

 

大坂選手の強さの秘密・性格について

osaka-naomi-kasatkina

大坂選手の強さの秘密は何といってもそのパワーにあります。身長180cm、体重69kgの恵まれた体格から繰り出される力強いショットで相手を翻弄していくのが大坂選手の持ち味です。ちなみに世界ランキング1位のシモナ・ハレプ選手の身長が168cm、決勝で対戦したダリア・カサキナ選手の身長が170 cmであることからもいかに大坂選手の体格が恵まれているかがわかります。

大坂選手のサーブの最高記録は2016年の全米オープンで記録されたもので201.1km/h です。これがどれくらい速いかというと、現在、日本の男子テニス界を牽引している錦織圭選手と同じ速さなんです!!!男子顔負けのスピードをたたき出す大坂選手のサーブを一回り体格が小さい女子選手が返すのは容易ではありません。この持ち味であるパワーで押していくのが大坂選手の強さの秘密です。

また、大阪選手は性格的にもアグレッシブな面があり、この性格も攻撃的なテニススタイルにとてもマッチしています。半面、感情的になりやすくケアレスミスを多く出すこともあります。

 

大坂選手のここが推せる!

このようにテニスをしているときはどんどん相手に攻め入っていくスタイルから、テニスの試合以外でも同じようにイケイケガンガンな感じかと思いきや・・・・・・

 

大坂選手のインタビューの受け答えがすごい!

osaka-naomi-kasatkina

2018年1月20日に行われたテニスの全豪オープン、女子シングルス3回戦で当時世界ランキング72位の大坂なおみ選手が同17位のアシュリー・バーティ選手(オーストラリア)に6-4、6-2でストレート勝ちして、自身初の四大大会16強入りを決めた試合がありました。

格上相手に勝利を収めた大坂選手の試合もすごかったですが、この試合で一番注目を集めたのは試合後の彼女のインタビューでした。

「間違いなく格別の気持ちではないですか?」と質問された大坂は、真剣な表情を浮かべ、「そうですね。本当に幸せだけど、申し訳ない気持ちでもいます」「みんな、彼女の勝利を本当に期待していたことを私は知っていましたから」と申し訳なさそうに話しました。

オーストラリアでの開催で地元の選手が登場して、観客は皆アシュリー・バーティ選手を応援していたことを知っていた大坂選手なりの気遣いでした。

この大坂選手の発音の後、会場は笑いとともにスタンドに割れんばかりのスタンディングオベーションが巻き起こり、約7秒間、称賛の拍手が鳴りやまず、インタビューは一時中断する出来事がありました。

このことに関し、米メディアは「痛快なまでに謙虚だ」「笑いと喝采を呼んだ」と称賛しました。

コート上とは打って変わって、謙虚な姿勢も合わせもっていて、周りの人をも魅了する大坂選手のカリスマ性は本当にすごいです。

 

優勝後のスピーチでおちゃめな一面も

今回優勝したBNPパリバ・オープン決勝後の優勝スピーチでは、慣れていないのか、大坂選手のおちゃめで可愛いらしい一面も見られました。多くの会場に足を運んだ観客に対し、「ハロー!」と呼びかける異例のあいさつでスタートし、緊張しているのか、慣れていないせいか、辺りをきょろきょろしたり何度もかみながら終始にこやかにスピーチを行いました。途中で、突然思い出したかのように「スポンサーにも感謝しています」とし、「アディダス、日清(食品)、WOWOW、えーーーと・・・・・、あっ!ヨネックス!」と自身が使用しているラケットのメーカーであるヨネックスを忘れそうになって会場の笑いを誘う場面もありました。最後に「こんなスピーチ、過去最悪よね」と言い、またまた会場の爆笑を誘いスピーチを終えました。

クールな一面とおちゃめで可愛らしい一面を合わせ持つ彼女の魅力は計り知れません。

 

終わりに

周囲から、近い将来の世界ランキング1位の期待を持たれている大坂選手。

まだ20歳と若く、人気・実力ともに急上昇中の彼女の今後の活躍を期待せざるを得ません!

「常に大きなステージでプレーできるように、地道な努力をしなければいけないと思っています。そして、集中することですね」by Osaka Naomi
osaka-naomi-kasatkina

この前に行われた準決勝に関する記事をご覧になられていない方は【映像有】大坂なおみが世界ランキング1位を撃破する大金星!からご覧ください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。