世界一家賃が高い都市、サンフランシスコのリアルライフを語ってみた

kento-san-francisco-expensive

インターネット上に「サンフランシスコ・ベイエリアの生活費事情を語ってみた」というタイトルの動画がアップされていたのでご紹介。

 

世界一家賃が高い都市サンフランシスコ

kento-san-francisco-expensive

アメリカ西海岸カリフォルニア州北部にあるサンフランシスコは世界一家賃相場が高い都市です。もちろん日本の東京やアメリカのニューヨークなどの都市よりも高くなっており、全米家賃ランキングでは、1位がサンフランシスコで、1ベッドルーム(日本で言う1LDK)の平均賃料が月$3,530(約42万4千円)(賃貸マーケットプレイスを運営するZumper社調べ、2015年9月)になっています。ちなみに、2位のニューヨークは$3,160(約38万円)です。

 

家賃高騰の理由

kento-san-francisco-expensive

サンフランシスコがニューヨークやロスアンゼルスなどの大都市や世界の大都市を抑えて世界一家賃が高くなっている理由は主に2つあり、一つは都市景観、もう一つはシリコンバレーに関係しています。

サンフランシスコでは美しい都市景観を維持するため、高層ビルが建てられなくなっています。そのため、限られた居住スペースを奪い合うことになります。

2つ目のシリコンバレーとはサンフランシスコ・ベイエリアの南部に位置している周辺地域の名前です。この地域は20世紀後半のIT革命とともに急発展した地域で、アップル、グーグル、フェイスブック、ヤフー、インテル、イーベイ、ヒューレットパッカード、オラクル、エヌビディアなど、数多くの有名IT企業がこの地に本社を構えています。

そのため世界中から優れたエンジニアが次々とシリコンバレーに集まるようになった結果、サンフランシスコの人口が急激に増えて家賃の急激な上昇を発生させました。

 

給料は高いが生活は厳しい?

kento-san-francisco-expensive

サンフランシスコに住んでいる人はこれらの有名IT企業に勤務している人が多く、当然、高収入を得ています。大学を出たばかりの新米でも年収1000万円とかの世界です。この類の人たちはさぞかしリッチな生活をしているのだろうと思われるかもしれませんが、実情は少し異なるようです。先にも述べたように、サンフランシスコで生活をするためには支出も高額で、家賃は高い、食費は高い(日本なら700円とかで食べられそうなベーシックなラーメンがサンフランシスコでは2000円で売られていたりする、他の外食も高い)など、収入も多ければ支出も多いため、残るお金はそんなにないのだそう。

 

動画主のケントさんはサンフランシスコのお金事情を語ってくれています。また、コメント欄にもサンフランシスコの事情に詳しいユーザーからのためになる情報が寄せられています。

 

以下、この動画を見た日本人の反応

 

1.日本人の反応

コメントも含めて、とても参考になりました🤔

 

2.日本人の反応

興味深いですね〜。東京でも1600万で子供2人いて私学に通って、通勤を1時間に抑えようとしたらじゅうぶな貯金や散財する余裕はないですねぇ。USに比べれば安いですが、とは言っても東京も住むには楽ではないですね

 

3.日本人の反応

大変興味深い話です。

学生向けのアパートで家賃がそこまで家賃が高額ですと、
中心部に立地する大学の学生はかなりの長距離通学を余儀なくされているのでしょうか。

東京も家賃が高いと言われますが、学生が住むような物件では23区内でもせいぜい4,5万程度ですので
日本の学生がそちらに留学をする際などはかなりの注意が必要ですね。

 

4.日本人の反応

たかーっっ!! バカじゃないの?てくらいの値段!もう動画最後まで観てないけど、思わずご飯食べてるカフェでたかーって1人つぶやいてコメントし始めました。笑
そんなん生活できん!ホームレス増えるのも納得。汗

 

5.日本人の反応

ベイエリアのみんながみんな給与が高く、高い家賃を払っている訳ではないです。サンフランシスコに長く住んでる人たちはレントコントロールで守られているため私の友人もそうですが現在のレント相場の半額以下しか払っていません。こういう人たちが出ていかない、出ていけない、かつサンフランシスコはほとんどのエリアで外観を守るために高い建物が立てられない規制があります。そのため限られた物件を奪い合って新しく入ってきた人たちは高いレントを払わされています。平均家賃もニューヨークよりも高いですがそれは現在借りられる物件の相場で必ずしも全体を表した数字ではありません。またニュースでサンフランシスコは年収16万ドルでもやっていくのが精一杯とありましたが、手取りで月1万ドル近くもらっていて家賃が3千ドルでやっていけないのは毎日外食、子供は高い私立に行かせているからであって(公立なら高校までタダ)一般のやっていけないレベルとは意味がぜんぜん違うかと思います。

 

6.日本人の反応

>>5

新参者には厳しいということでしょうか。ボッタクられているのです。ハワイもそうですよね。

 

7.日本人の反応

>>5

そうですね、僕の友人もパロアルトに長く住んでて遊びに行ったりしましたが、周りの値段が買うとか引っ越しとかは全く考えられないほどの値段になってると言ってましたね (^^;;

 

8.日本人の反応

ルーカスさんの近くの家を04年に手放した時は、98年に買った値段からビックリするほど高く売れました。だいぶ抜かれましたが。Windows 98 で PCの普及が一気に進んだからでしょうね。ITバブルはもうすぐ終了と言われていていい時期に売ったなと思ってたのですが、その後 Googleが一気に台頭し、誰もがスマートフォンを持つようになり、バブル終了どころか2度とベイエリアに家を買うことが不可能になりました。ただし昔から市内に賃貸していた人たちは、騒動に巻き込まれずに済んでいますね。僕の友達はプレシディオパーク内の素晴らしい眺めの家にとんでもなく安い家賃で住んでいますよ。絶対引っ越さないそうです。ケントさんもダラスにいらっしゃい!w SFベイエリアからDFWメトロプレックスに引っ越してくる人最近多いんですよ。

 

9.日本人の反応

この前、Burbankに行った時チップの渡し方で迷ったw レジにチップと書いた瓶があったけどそこに入れるのがいいのですか? 分からなかったのでとりあえず食べた後、テーブルに10%置いて帰りましたが….

 

10.日本人の反応

そういえば外国の ある国ではチップをあげないと追いかけてまで来るって聞いたことあります😓 その人達はチップで生計をたててるから どんどんサービスをしてくれるってのも。 私にはとても住めない環境ですね😲   そんなところに在住のケントさんって凄いですね❗😆

 

11.日本人の反応

ちょっと話は違いますが、ケントさんは「ホームレスニューヨークと寝た男」っていうドキュメンタリー映画知ってますか?モデルでカメラマンのかっこいい男性が実はホームレスっていう話です。
私は番宣を見ただけなんですけど、その時もなんだか違和感ありました。
みんな何かを犠牲にしてるのに、夢も諦められないNYにも住みたいならホームレス上等でしょうと。田舎とか他のエリアで地道に働く道もあったのに選択しなかっただけでは、、などと思ってしまいました(ちょっと冷たいかな(;^ω^))。
一生懸命働いても家も借りれない社会の仕組みももちろんおかしいのでしょうが、あんまり同情できなかったです。日本人て苦労話好きだからですかね。それが普通みたいな

 

12.日本人の反応

サンフランシスコでは年収1800万円でも「かろうじて食いつないでいけるレベル」の生活
https://www.businessinsider.jp/post-1135
これ読んで興味持ってました。厳しいっすね。。

 

13.日本人の反応

最後のまとめ方がかっこ良かったです。私もサンフランシスコ在住ですが、夢を諦めず頑張れればと思います。

 

14.日本人の反応

需給関係が解消される数年後には、家賃の低下が始まるのでしょうか?それとも、賃貸物件の供給が、エンジニアの増加に追いつかずますます家賃が高騰するのでしょうか?10年前に、San Fransiscoで不動産投資を始めとけば、儲けられたって事ですね。でも、モーゲージ債バブルが弾けた時分に行う不動産投資は、当時は無謀と思われてたはずですねぇ。

 

15.日本人の反応

ケントさんも結構頑張って節約してそうですね。
散財しすぎると後が大変ですからね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。