長年アメリカで働く日本人がアメリカ企業のレイオフの実態を語る

kento- layoff-usa

インターネット上に「アメリカの会社のレイオフ(リストラ)について語ってみました」というタイトルの動画がアップされていたのでご紹介。

 

日本とアメリカは雇用制度が全く違う

kento- layoff-usa

アメリカ企業の雇用制度は日本とは全く異なります。昔の日本企業は終身雇用制を保証していて一度雇用したら定年退職まで面倒を見る仕組みがあり、今でのその名残が残っています。そのため、余程の不祥事を起こしたり、企業の業績不振でもない限り辞めさせられることはありません。

一方、アメリカ企業は実力主義のため企業業績に貢献できなかったり、企業の経営方針の変更により突然クビを宣告されることがあります。朝、会社に出勤したら自分のデスクがないこともあります。

レイオフされた人の今後

kento- layoff-usa

いきなり職を失うと思うと恐ろしく感じる方もいるかと思いますが、実際はそうではない場合も多いです。なぜなら、レイオフされると手当が支給され、基本は2カ月分の給料くらいの金額が企業から支給されます。そのため、職を失ってすぐに生活に困ることはないです。また、レイオフされた1~2週間後に次の職を見つける人も多く、中には翌日に次の職を見つける人もいます。この場合、金銭的には得することになります。しかし、元の職場に愛着が湧いていた人にとっては辛いかもしれません。

 

アメリカの就職に関する関連記事はこんなものもあります。

就活に失敗した人に見て欲しい、アメリカなら人生やり直せるという話

 

この動画では長年アメリカ企業で働いているKentoさんがアメリカのレイオフについて語ってくれています。

 

以下、この動画を見た日本人の反応

 

1.日本人の反応

日本では知ることがないような内容なのでとても勉強になりました。

 

2.日本人の反応

恐ろしすぎますね!笑

まさに肩叩きって奴ですね!首にならないにしてもその造形だけで胃が痛くなりそうですね笑。

 

3.日本人の反応

めっちゃおもろいー!もっともっとききたーい!緊張感ありますねー、レイオフって。日本企業はそう言った意味で一定の安心感はありますが、結局人が流動しないので、いつまでたっても会社と人とが対等な感じじゃなく、会社が上な感じですねー。だから長時間労働もなくならないのかなぁと思ったりします。いろいろ考えさせられました。

 

4.日本人の反応

以前の転職のお話からも感じていたことですが…日本の企業は「社員を育てる」ことで社員を企業自体の「財産化」しているように思います。それが良くも悪くも日本の「転職=悪」というような風潮を生んでいるような気がします。
レイオフが日本よりも一般的に行われるアメリカ社会の背景の1つとして「実力を持った社員のみが財産」という考え方がある?せいかそのような現象が起こるのだろうと感じました。
個人の努力や実力こそが大切な社会ですね。

 

5.日本人の反応

日本の法律は社員が犯罪でも犯さない限り簡単には首にできないので、正社員は少なめにして不足する人材は非正規雇用になってしまうため色々と問題があります。
苦労して入った一流企業(実はブラックもあり)をやめるという発想ができないので、電通女子社員の自殺事件などがおきてしまいます。
40才になるまではアメリカ式の流動性の高い労働環境、40を越えたら日本式の原則終身雇用というようないいとこ取りはできないのかなと思います。

 

6.日本人の反応

レイオフ・・・今の雇い主(院長)クビにしたい。

 

7.日本人の反応

>>6

しちゃえしちゃえ!!(笑)

 

8.日本人の反応

私も関西在住42歳です。なにかの偶然で、今出張ベースで海外に行って機械を売る営業をしてます。約五年前まで、海外のかの字も知らない人間でした。Kentoonさんの動画を見てますと、本当は、すごくご苦労されたと思いますが、まったくそのようなことを感じさせないあっさりとしたコメント、まったく嫌味のない自然なお話が、非常に聴きやすく為になります。凄いですね。また、秘訣をお聞かせください!
一部を表示

 

9.日本人の反応

正直言って、終身雇用は安心感があります。
例え失敗やミスがあったとしても、左遷させられるだけでクビにはならないと言う日本の制度。
ケントさんのお話、色々と考えさせられました。
ためになるお話、ありがとうございます。

 

10.日本人の反応

レイオフ 驚きましたwww    確かに能力主義には認める部分もありますが・・・日本人として 今日まで生きて来てやはり情ってものが備わって幅を利かせています(笑)   そんな感覚なので、凄く文化の違いに聞き惚れていました(笑)ありがとうございます。

 

11.日本人の反応

なるほどなぁ〜、日本とは大分違いますね。
自分も今の会社で8社目です(笑)
色々有りますよね〜
新しい仕事では楽しんで頑張って下さいね、人生後悔もあれば良いこともありますしね!
ユーチューブも楽しみです(^。^)

 

12.日本人の反応

業界によって、仕事の流動性はありますね。public servantみたいな仕事だと、利益追及はあまり求められず、budgetがカットとか、grantがなくなるとかで人が移るのが私がいる環境です

 

13.日本人の反応

面白かったです!日本の会社確かにあまりレイオフがないのですがその分再就職も厳しいですよね。人材の流動性を高めるには専門性が必要だと思いますが、日本は会社に務める感じで色々と仕事が変わることが多いのでますます難しくしてるのかなとも思います。最近日本では生産性を上げろと頻繁に言われてますが、社内でぐるぐる仕事を変えられたら効率も上がらないよなあとも思います。昨今の議論はどうも海外の企業の良いところと日本の良いところをよいとこどりしようとしてできないって言ってるような気がしてなりません。

 

14.日本人の反応

初めまして〜。私はドイツで働いています。ドイツもなかなかドライと思ってましたが、アメリカには負けますね!すごく興味深かったです。また遊びに来ます。

 

15.日本人の反応

私は外資企業の日本支社に勤務していますが、しょっちゅうレイオフがあります。おかげで古い人はほとんどいないという状況です。

 

16.日本人の反応

お話し大変勉強になりました。私は資格がある職種なので比較的転職しやすく周りも転職者が多い職場です。ただ年をとると同種の仕事でも転職した新しい環境に適応するのが辛いだろうなと思ってしまいます。

 

17.日本人の反応

レイオフ賛成派です!
自分が常に最高のパフォーマンスを発揮できるように心掛けてない人は いい雰囲気を壊しますし 腹が立つので そのような事がレイオフで少なくなるのはいいのではないかなと思います

 

18.日本人の反応

私もリストラされたことが有りますけど。お話ですとアメリカの再就職の環境が日本よりとてもいいですねー。

 

19.日本人の反応

ベイエリアで医療機器メーカーでエンジニアとして働いている友人は数年ごとに会社を辞めているのですが(たぶんレイオフ)、半年とか長いときは一年とかの失業中も、子どものサッカークラブのコーチをしたりして(のんきに見える)過ごしている背景がよくわかりました。笑

 

20.日本人の反応

実力主義という話を聞くと、いつも思うことは実力のない人はどのようにして生きていけばよいのか、ということです。

自分が実力のない人のカテゴリーに入っているので、実力主義の社会に身を置いた自分を想像してしまうのでしょうね。

ああ、おれはどうなるのか泣 3年も引きこもってるよ、なんてね。

 

21.日本人の反応

日本でも自分の職場は結構な実力主義で(アメリカ程ではないですが)リストラは出来ないのでボーナス査定で極端な差が付けられていてできる人とそうでない人とで年間で200万円以上差が出ます。アメリカでは頻繁にレイオフがあるということで日本の退職金制度とは違うので日本の退職金分は月収で頂いている解釈なんでしょうかね。アメリカと日本の違いにとても興味があります。
また色々と興味深い話題お願いします。

 

22.日本人の反応

KENTOON さん、レイオフについてよく分かりました!また会社側がそれを保障していくこともあるのですね。すごく冷たく厳しい制度に感じていたのですが、悪い面ばかりじゃなく会社側もそれを利用して再生していく建設的な分化・制度なんだなと思えるようになりました!ありがとうございます♪

 

23.日本人の反応

私は20代30代の時には良く転職をしました。その理由は今から思えば自分探しと体験でしたかね。その頃の経験はお金では買えない財産となってると胸を張って言いたいですが、ただ単に無我き苦しんでただけかも知れません。40代になってからは今の職場に落ち着き家庭の方も順調なので、まあいっかって感じです。アメリカは実力主義が徹底していますね。ケントさんは自分のブログで転職話を笑顔で話してると言う事は、苦労してきた実力がある方なのだなと感じました。今後も自分の人生と家族の為に実力を発揮して頑張って下さい。

 

24.日本人の反応

アメリカ社会は、倒産もレイオフもキャリアに加算されるってイメージあるよ。日本だと、死、最期、ご臨終みたく感じちゃうけど、ここがダメなら次へ行くぐらいのバイタリティがなくてアメリカで働くとかそもそも考えちゃいけないんだろうね。日本人の感覚はウェットだけどアメリカはドライ。日本の派遣社員だってクビになったらセキュリティカードを渡してバイバイだよ。日本でもちゃんとグローバルな世間知って、海外に行かないと。英語だけ喋れるからいいとか勘違いして海外いけばビクビクだけど。上からクビを切るってのは日本よかまともでしょ。経営上。

 

25.日本人の反応

レイオフの仕組みを初めて聞きました。日本とは全然違いますね(;>ω<)

 

アメリカの就職に関する関連記事はこんなものもあります。
就活に失敗した人に見て欲しい、アメリカなら人生やり直せるという話

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。